22歳の性病の悩み|感染して初めて気づいたヘルペスの辛さ

ヘルペスとクラミジア

笑い顔

ヘルペスとは、ウィルスによる感染によって発症する疾患の感染症の一つとされ性病という印象が強いですが必ずしもそうでは無く、幼少期に発症する水疱瘡や大人になってからも生じる帯状疱疹等も一種で有り、誰しもが身近で感染しているウィルスにより起こる病気とされており、殆どの方がウィルスを保有しているとも言われ、健康な状態では発症する事は有りませんが精神負担が積み重なった際や体調不良、風邪等で免疫が低下した際に誘因されてしまう等でもヘルペスが発症するとされ、性器に感染する際は粘膜あるいは皮膚等の目には見えない小さな傷から感染を起こすとされています。
発症の頻度には大きな個人差が有るともされ、保有者であっても殆ど症状が起こらない方や完治しては発症する等の再発を繰り返してしまう方も多いとされており、上述した本症の一種で有る帯状疱疹は一度発症し完治すると生涯を通じて発症する事は無いとされています。
発症部位も人によりけりで口唇に出来る事や前述した性器への感染等を挙げる事ができ、他にも手の平や腕あるいは背中等にも生じる事が有るとされ、これらを単純ヘルペスと言い、男性の方、女性の方を問わず30代の方の約半数以上は感染しているとされています。
又、ウィルス自体が非常に強力なものとされているので現代に有る医薬品では体内にいるウィルスを完全に死滅させる事が出来ず薬剤を用いての治療となりますが、増殖を抑制する事に留まり弱った状態にする事で皮膚上に出る水膨れ等を療治させる事が出来るのみとなるので上述した様に再発の可能性が考えられます。
原因菌は異なるもののその罹患率が非常に高いとされるのが性病クラミジアであり、国内では最も罹患者数が多く目立って10から20代の女性の方に感染が多いとされており、こちらは細菌を原因としていますが非常に強力な菌で有る事は共通しており、性病となるので上記疾患と異なるのは感染の経路が性交の全てで感染する可能性が有るという事で、性器や肛門あるいはその周囲、咽頭等にもディープキスやオーラルセックス等によっても感染するとされています。
クラミジアである場合には完治させる事が可能なものの予防をしなければ再感染する事は有り、男女共通して言えるのがクラミジアは不妊症の原因となる事も有るのでゴム等を使用して性交を行う事が大切となります。

性器ヘルペスの症状や原因、治療薬(ゾビラックス・バルトレックス)について